深見真「ヴァイス 麻布警察署刑事課潜入捜査」

深見真「ヴァイス 麻布警察署刑事課潜入捜査」角川文庫

麻布警察署刑事課二係は、管轄内の重要犯罪を隠蔽することを目的に組織された。トップアイドルの覚醒剤疑惑、大物政治家の賄賂…。手段は問わない。二係のエース、仙石は誰よりもスマートに残虐に、犯罪を揉み消す。そんな仙石の行動を見張るため、細川巡査部長は、仙石の部下として、二係内で潜入捜査を始める。極限の騙し合いの勝者はどちらか。“悪を以って悪を制す”汚職警官を描いた本格警察小説。

* * *

祝!深見真、小説に帰還!!(だと勝手に思っている)
最近の深見真の仕事といえば漫画原作が多く、最近の小説は「サイコパス」が多かったし、オリジナルの小説はおそらく2014年に発表された「姫騎士征服戦争」「開門銃の外交官と、竜の国の大使館」以来じゃなかろうか。深見先生もブログで「久しぶりにサイコパス以外の小説書いた」と言っておりましたし。
久しぶりに発表したこの「ヴァイス」は警察もの。麻布、六本木を舞台に汚職警官・仙石重一が下半身のスキャンダルをもみ消したり犯人を拷問したり正義のヒーローのように颯爽と現れたり上司を潰したりのちょう大活躍するという内容です。嘘はついていない。うん。なんつったってこの小説はのっけから、集団系アイドルグループのメンバーが、ヤリまくって覚醒剤キメて彼氏をぶっ殺してその事実を主人公の汚職警官にもみ消してもらいましたという、ハイブリットなイヤガラセを書いてますよ!これぞ深見真!!(爆笑)
その汚職警官を監察するのが、内務監査として麻布警察署刑事二係に配属された細川瑠花。二係の仕事をこなしつつ、内務監査として仙石重一を、黒いところがないかぼろを出していないかと監視します。こうしてこの小説は「監視される」汚職警官と、「監視する」内務監査官のコンビという、少し変わったバディものになったわけです。
この「監視する」「監視される」という構図は「シビュラシステム」と「シビュラ支配下の人間」、また「(クリアカラーの監視官に)監視される執行官」「(潜在犯である執行官を)監視する監視官」という構図にも見えるので、この小説は深見先生がサイコパスの共同脚本を経てかけたものなのかな、とも想像しております。あかねちゃんというキャラクターを経て、「細川瑠花」がかけたのではないかという想像。
この物語は「仙石の物語」というよりは、「監視しながらも汚職の沼に足をからめとられ、その底であがきながら成長する女刑事の物語」にもなるような気がします。
物語のなかで、彼女は刑事としてキャラの中では未熟です。その未熟さを露呈しつつ、物語の後半に家族を人質に取られ、そこから人間的に変わらざるを得なくなります。「ああそうだ、こいつを殺すんだった」「人類の数パーセントは人を殺しても何も思わないキラーエリートだ。細川ももしかするとその数パーセントに入るのかもしれない」。その結果として、内務監査を果たしつつも仙石の「本当の仲間」になることになるのです。
その彼女がこれから、どう、刑事として成長していくのか。
もっと深い沼につかるか、それとも沼にからめとられつつ、監視役としての役目を全うするのか。

文庫オリジナルらしいですが、続編がぜひ読みたい。仙石の行動を見つつ、警官として成長していくであろう「細川瑠花」の物語を、もう少し読みたいと思う。
オネシャス! 深見先生!!!